Masataka Takada



[ピアニスト] 高田 匡隆 Official Web Site

TopProfileHistoryRepertrieGalleryScheduleLessonBlogmenu_09.png


Profile


高田匡隆 [プロフィール]

1977年神奈川県出身。 5歳より ピアノを始める。桐朋学園大学付属「子供のための音楽教室」、桐朋女子高等学校(男女共学)を経て、桐朋学園大学卒業。幼少より数々の国内コンクールに優勝し、1996年、第7回吹田音楽コンクールピアノ部門第1位受賞、1999年 第68回日本音楽コンクール第1位。併せて増沢賞、野村賞、井口賞、河合賞を受賞。

桐朋学園大学卒業後、ニューヨークのマネス音楽院、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。2006年より拠点をイタリア・ローマに移し、サンタ・チェチリア音楽院を2009年に、一等賞で卒業。同時に、最も優秀なソリストに与えられる「イタリア共和国大統領賞・シノーポリ賞」をイタリア政府より受賞。大統領官邸での授与式に出席し、大統領からメダルと賞金を授与される。

留学期間中には文化庁新進芸術家海外留学制度のほか、明治安田生命クオリティオブライフ財団、ローム・ミュージック・ファンデーションから助成を受ける。

日本はもとよりイタリア、オランダ、ポルトガル、ドイツなどヨーロッパ各地でリサイタル、音楽祭などに出演。ポルトガル「コインブラ国際音楽祭」、ドイツ「ワーグナー音楽祭」、ポーランド「クラクフ国際ピアノフェスティバル」にて ソロリサイタル、オーケストラとの共演を行い 好評を博す。国内外の著名な指揮者、オーケストラとの共演も果たし、高い評価を得ている。

これまでの活躍を認められて 第53回神奈川文化賞未来賞、第18回京都・青山音楽賞を受賞。
これまでに、福岡幸子、辻井雅子、森安芳樹、加藤伸佳、ジェームス・ローズ、カールマン・ドラフィー、ジョルジュ・ナードル、セルジオ・ペルティカローリの各氏に師事。

現在、桐朋学園大学と武蔵野音楽大学にてピアノ科非常勤講師。

主な受賞歴

2002年 リスト国際ピアノコンクール(ポーランド)第3位
2003年 グランドコンツェルテウム国際コンクール(ギリシャ)第2位(1位なし)
2004年 3月浜松国際ピアノアカデミーコンクール第第2位
                6月 第2回仙台国際音楽コンクール第2位
2005年 ハイエン国際ピアノコンクール(スペイン)第3位
                A.M.Aカラブリア国際ピアノコンクール(イタリア)第1位
2006年 マリア・カラス・グランプリ・ピアノ部門(ギリシャ)最高位
                リスト国際ピアノコンクール(ワイマール)第2位
2007年 カントゥ市国際ピアノコンクール(イタリア)第2位
2008年 モントリオール国際ピアノコンクール第2位

_MG_8168-2.jpg

インタビュー